有効なワクチンが出来る条件とは何か

https://youtube.com/watch?v=nlZt0Efo5pY

有効なワクチンが出来る感染症には、ある条件があります。同じ病気に2度とかからないという、いわゆる2度なし免疫が成立する感染症でないと、有効なワクチンは出来ません。ワクチンとは、人工的に2度なし免疫の状態を作り出すことです。人工的に感染症を真似るわけですが、自然の感染症のようなものを作ることが出来ません。人工的に免疫系を刺激しようとしても、自然の感染症のような感染の場を再現できないのです。筋肉内に注射をするという手段では、そもそも自然の感染とは程遠いわけです。
しかもRNAウイルスのような変異の多い感染症では、2度なし免疫も成立しません。変異が多いということもありますが、感染の場を再現することも難しいのです。このような感染症に対して有効なワクチンを作ること自体に無理があるわけです。無理やりワクチンを作ったところで、実際の有効性は、ほとんど期待できないのです。むしろ人工的に生体防御の場を突破させることの危険性を心配しなくてはいけないのです。

© 2024 新・陰謀論の真実 - WordPress Theme by WPEnjoy