未来からきた仮面ライダーセンチュリーがリバイスを襲撃 中尾明慶&古田新太が親子役でゲスト出演 映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』本予告

★チャンネル登録:https://goo.gl/U4Waal

 仮面ライダー50周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』(12月17日公開)の本予告が解禁!

 解禁された本予告では、まず2071年の様子が映し出される。現代の2021年とは異なり、悪魔に支配され、荒廃した世界になってしまっている。そんな2071年からやってきたという、仮面ライダーセンチュリーが仮面ライダーリバイス、仮面ライダーセイバー、仮面ライダーブレイズらに襲い掛かる…!彼はなぜ戦うのか、目的は一体何なのか…

 何も明かされぬまま描写は変わり、現代から50年前の1971年へ。そこでは誰かに追われている様子の中尾明慶が演じる謎の研究者・百瀬龍之介が登場。彼もまた仮面ライダーセンチュリー同様に時代を超え、五十嵐一輝たちのいる2021年にやってくる。「秀夫か?」「自分の父親の顔も忘れたのか」と、古田新太演じる百瀬秀夫に声をかける様子から、時空を超え再会を果たした親子であることが判明。

 父である龍之介はなぜか1971年の当時の姿のまま現代へ、そして息子である秀夫は50年の月日が過ぎていた。秀夫の言う「俺は、家族を捨てた自分勝手な父親とは違う」という言葉の意味とは…?さらに、龍之介はショッカーの研究員であったことが判明。

 場面は変わり、謎の禍々しいバイスタンプが怪しく光る描写が映し出され、さらなる強敵の登場を彷彿とさせる。そして、一輝、大二、さくら、バイス、さらに仮面ライダーセイバーの剣士たちが集結。“100年にわたる壮大な物語が始まる”ことが予感される。そして、世代を〈ビヨンド〉して、仮面ライダースーパー1、仮面ライダーZO、仮面ライダーアギト、仮面ライダーフォーゼら、今年10周年〜40周年を迎えた数々の仮面ライダーをはじめ、平成、令和を代表する仮面ライダークウガ、仮面ライダーゼロワンと、数々のレジェンドライダーが集結!そこに立ちはだかるのは仮面ライダー王蛇や仮面ライダーエターナルら、ダークライダーの大群。仮面ライダーの歴史を賭けた壮大な戦いを期待させる予告映像となっている。

■キャスト・スタッフ
前田拳太郎 木村昴(声の出演) 内藤秀一郎
日向亘 井本彩花 濱尾ノリタカ 浅倉唯 関隼汰 八条院蔵人 小松準弥 田邊和也
山口貴也 川津明日香 青木瞭 生島勇輝 富樫慧士 岡宏明 市川知宏 アンジェラ芽衣 庄野崎謙
知念里奈 映美くらら 戸次重幸
古田新太 中尾明慶

原作:石ノ森章太郎 脚本:毛利亘宏 監督:柴﨑貴行
音楽:中川幸太郎 山下康介 アクション監督:渡辺淳 特撮監督:佛田洋
主題歌:「Promise」Da-iCE

『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』12月17日(金)全国公開
■公式HP:http://kamenrider-winter.com/
(C)2021「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会