墜落機、確認直後の映像 日航事故、陸自が空撮

1985年の日航ジャンボ機墜落事故で、災害派遣要請に基づき出動した陸上自衛隊が事故翌日の85年8月13日、群馬県上野村の墜落現場上空から撮った動画を1日までに、情報公開請求で入手した。同日、機体の残骸が初めて確認され、墜落現場が判明した直後とみられる貴重な映像が含まれている。

「事故を語り継ぐ」日航機墜落事故からまもなく30年(15/08/08)

乗客乗員520人が犠牲になった日航ジャンボ機の墜落事故からまもなく30年です。現場で捜索活動にあたった元機動隊員が取材に応じ、「事故を語り継いでいくことが自分の役目」だと話しました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

【中国軍にミサイルぶっぱした台湾ってどんな国?】超大国中国にミサイル発射し戦闘機を墜落させた戦う平和主義国台湾。台湾にこそ日本の未来があるんじゃないのか?台湾こそ最も連携しなければならない友好国だ!

■クマさんチャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCz5X…

中国戦闘機に対空ミサイルを発射した、

おそらくは近年では唯一の国台湾。

自国防衛の覚悟は本当にすごい。

日本も台湾みたいな国になれると良いのね。

=======
どうもクマさんです。ボケそうです。
皆の色んな意見聞きたいのでコメント沢山くださいね~。

■クマさんのTwitter
 https://twitter.com/CYXuAxfGlfFzZCT

#戦う平和主義国#台湾#日本はもっと台湾と連携を深めるべき

【台湾領空で熾烈な空中戦勃発!台湾空軍F 16に追われた中国空軍戦闘機が墜落!】台湾がアメリカから戦闘機F 16を66機購入決定!数日前に中国戦闘機を墜落させたまだまだ現役の戦闘機!台湾軍事力増強こそ

■クマさんチャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCz5X…

台湾の覚悟が凄い。

領空侵犯した中国戦闘機を追跡し墜落させるとは。。。!

日本メディアは相変わらず報道しませんけどね。。

軍事力を高めることが戦争を避けることに繋がる。

日本の左派マスコミはなぜこれがわからないんだろうね。。。

=======
どうもクマさんです。ボケそうです。
皆の色んな意見聞きたいのでコメント沢山くださいね~。

■クマさんのTwitter
 https://twitter.com/CYXuAxfGlfFzZCT

#中国空軍戦闘機が墜落#台湾空軍鬼の追跡#F-16を66機購入決定

美谷島邦子氏:日航ジャンボ機事故はまだ終わらない

https://www.videonews.com/
Vimeoで購入する▶https://vimeo.com/ondemand/marugeki486
第486回マル激トーク・オン・ディマンド(2010年08月07日)
日航ジャンボ機事故はまだ終わらない
ゲスト:美谷島邦子氏(8・12連絡会事務局長)
25年前の1985年8月12日、羽田空港を飛び立った満席の大阪伊丹空港行き日本航空123便ボーイング747は、離陸から12分後に後部左側ドアの異常を知らせる警告灯が点灯。直ちに操縦不能な状態に陥ると、そのまま32分間迷走を繰り返した後、群馬県上野村の高天原山の尾根に激突して炎上した(この場所は後に御巣鷹の尾根と命名された)。この事故で乗客乗員524名のうち、520名が死亡した。単独飛行機事故としてはいまだに史上最悪の惨事だった。
 その520名の中に、日航機事故の被災者家族の会「8・12連絡会」を事務局長として25年間引っ張ってきた美谷島邦子氏の二男で小学校3年生の美谷島健君(当時9才)もいた。健君は、夏休みの水泳教室で25メートルを泳げたことのご褒美として、仲良しの従兄弟たちが住む大阪に向け、生まれて初めての一人旅に旅立ったばかりだった。…
 事故調の調査結果では、圧力隔壁の破損によって後部垂直尾翼の上半分と油圧系統が破損し、操縦が不能になり墜落に至ったと結論づけられている。あくまで修理ミスに第一義的な原因があったという立場だ。しかし、その後ボーイング社は同型機の油圧系統に安全弁をつけるなどの改善を行っている。4つある油圧系統が圧力隔壁の直下で1本化されていることが、機が全くの操縦不能に陥ったことの直接の原因だったとすれば、少なくとも当時のボーイング747には構造上の欠陥があったということになる。多くの遺族たちが事故調の調査結果に納得できず事故原因の再調査を望んでいるのも、そのような疑問点がまだ残ったままになっているからだ。…
8・12連絡会を立ち上げ、25年間その世話役を務めてきた美谷島邦子氏は、航空機を含む乗り物事故の原因究明のあり方については、いまだに25年前の課題が改善されていないことを残念がる。その後の25年間に数々の乗り物事故が発生しているが、そのたびに本当の意味で被害者や遺族が納得できる原因究明が必ずしも行われていない理由は、25年前に日航機事故の原因究明を阻んだものと同じ理由なのだ。
 しかし、その一方で、美谷島氏は自分たちが25年間地道に行ってきた活動が、いろいろいなところで実を結んでいると感じているとも言う。例えば、この事故の刑事告訴はアメリカから捜査協力を得られないことを主な理由に不起訴処分となったが、その後検察審査会が不起訴不当の議決を行ったため、前橋地方検察局は再度捜査を行った上で、あらためて不起訴処分としている。当時の検察審査会には強制的に起訴をする権限はなかったために、結局この事故は刑事事件とはならず、美谷島氏ら遺族らが強く求めてきた相模湾に落下した垂直尾翼上部の引き上げなどは行われなかった。しかし、今年から法が改正され、検察審査会の議決のみで強制起訴が可能になった。今、日航機事故が検察審査会にかけられていたら、結果は違っていたかもしれない。
 「誰かを刑務所に入れたいと思ったことはない」と美谷島氏は言うが、と同時に、「真の事故原因の究明と再発の防止こそが遺族の共通した願い」であるとも言う。日本が事故調査制度のあり方を根本的に改革しない限り、本当の事故原因を突き止めるために日本では刑事裁判に訴えることが唯一の方法であるとの遺族の思いは強い。
 不幸にも事故が起きてしまった以上、もう元には戻らない。しかし、残されたわれわれにできることは、持てる力の全てを使って事故の原因を突き止め、同じような原因で同じような悲しい思いをしなければならない人を一人でも作らないようにすることのはずだ。しかし、美谷島氏が指摘するように、25年前の事故がわれわれに残した課題を、いまだにわれわれは解決できていない。
 日航機事故から25年目となる8月12日を迎えるにあたり、この事故が残した多くの課題に取り組んできた美谷島氏とともに、この事故を風化させないためにわれわれにできることが何かを考えた。

佐宗邦皇代表「御巣鷹山JAL123便墜落事件の真相について!」ワールドフォーラム2009年8月特別例会

ワールドフォーラム代表幹事 佐宗邦皇氏のラストメッセージ
http://worldforum.jp/information/2009/08sp.html
「御巣鷹山JAL123便墜落事件の真相について!」

「天皇のスパイ」-天皇の金塊と広島原爆(2)
-誰にも明かされてない近現代史の真実-
映像企画&作家 高橋 五郎 氏

ワールドフォーラム2009年8月特別例会
近著 「天皇の金塊」と「天皇の金塊と広島原爆」(GAKKEN)の出版に引き続き、今年の8月下旬に新たに3冊目の最新刊著書で発刊された「天皇のスパイ」には、国際金融界や­経済界はおろか歴史学会でも、裏の真相の暴露というので大変な話題となっています。ワールド・フォーラムでは、その著者である映像企画&作家 高橋五郎氏を、5月の第一回目に続きお招きしました。第二次世界大戦の歴史の定説の裏に隠されている真相についての、第二次世界大戦中、超一流のスパイとして活躍したべラスコの貴­重な歴史証言の取材体験談を中心に、高橋五郎氏 の 「天皇のスパイ」 -天皇の金塊と広島原爆(2)-誰にも明かされてない近現代史の真実-」 というテーマで、第二次世界大戦の真相を披瀝して戴きました。

【ダイジェスト10分】高橋五郎氏「天皇のスパイ 」-誰にも明かされてない近現代史の真実-

ワールドフォーラム創立者 故佐宗邦皇代表幹事
☆佐宗代表が倒れたのは、この8月8日の月例会で話している最中。救急搬送されたまま、帰らぬ人となりました。2009年8月9日午前11時、脳幹出血のため東京都足立区の病院で逝去されました。享年59歳。
http://www.worldforum.jp/report/2009/shinobukai.html

★この続きは【ワールドフォーラムDVD/全編動画】でご覧いただけます。

【全編動画】Youtubeで購入500円 レンタル300円(72時間)で視聴できます。※購入されるとお使いのYouTubeアカウントから何度でもお楽しみいただけます。ぜひご利用ください。
こちらから→ https://youtu.be/JNX6e-39U6g

【DVD】はAmazonから購入できます。
→ http://amzn.to/2a3krKX

【ご報告】ワールドフォーラム2009年8月特別例会
http://worldforum.jp/information/2009/08sp.html

【関連動画】高橋五郎 「日航機墜落事件 – 真相究明 – 私はその場に居た!」- Goro’s Channel –

【真実が未来を拓く!】
ワールドフォーラム公式サイト
http://worldforum.jp