PCR検査は何を検出しているのか?

PCR検査が、今回問題となっている感染症の検査に用いられています。ウイルスの遺伝子を高感度に、しかも高い特異性で検出できるということで、病原体ウイルスの存在を検出する方法として、優れた検査法と考えている人も多いと思います。しかし、PCR検査には、大きな落とし穴があるのです。それは、検出する遺伝子は、部分的に似た遺伝子であり、全く同じというわけではありません。遺伝子が似ているからと言って、機能が同じとは限りません。病原性や伝搬性が同じというわけではないのです。PCR検査は、機能の面で全く違った遺伝子を検出しているのに過ぎないのかもしれないのです。
 しかも、中国発表の論文で明らかにされた遺伝子を持ったウイルスは、単離されていません。その存在も確認されていないのです。中国、ドイツなどで発表された論文でも、今回のPCR法で検出されたウイルスに病原性を確認することは出来ません。また、無症状者が感染源になるという話も、複数の人物が無症状期に接触し、その後に双方がPCR陽性になったことが確認されたという事実を曲解しています。もともと双方がPCR陽性かとうかという事実を確認していないのです。また、両社の遺伝子が同じであるという事実も確認していません。
 病原性が確認されないウイルス遺伝子と類似した遺伝子断片が見つかったと言って、感染者とするのは科学的ではありません。また、PCR陽性者が次々と見つかったからと言って、感染拡大というのもおかしな話です。実証実験として伝搬性も確認されていないのに、強い感染性があると断定したり、感染経路確認のために、接触履歴を追うというのも科学的には意味のないことです。非常事態として、自粛要請、マスク社会への誘導、そして対策費として多大な予算を使う前に、PCR検査で検出してるのは、伝搬性も、病原性も確認されないウイルス等の遺伝子の断片に過ぎないのではないかという点を確認するべきなのです。PCR検査は、感染症が拡大しているというトリックを演じることが出来るという点に注目する必要があります。

© 2024 新・陰謀論の真実 - WordPress Theme by WPEnjoy